オンライン化

カテゴリー/ カウンセリング |投稿者/ GMC
2020年07月04日

コロナの影響で、世の中がガラリと変わってしまいました。

この先、どのようになるのか予想がつきませんが、今までのような

世の中ではなくなるのは間違いない事と思います。

 

カウンセリングは対面が基本ですが、これからはオンラインカウンセリングも

徐々に広がっていくかもしれません。

 

これまでに、電話相談、メール相談などは私もやったことはありましたが、

正直、対面のカウンセリングよりもやりにくさ、難しさを感じていました。

 

一番の要因は、対面に比べて圧倒的に情報量が少ない事です。文字だけ、声だけでは

当然ながら伝わる情報がお互いに限られます。目に見えない、お互いの空間に生まれる

微妙な「気」のようなものも感じることが出来ないですし、場が作りにくい、

面接の流れが作りにくいのです。

 

その意味では、スカイプ・ZOOM・ラインのビデオ通話など、より対面に近い

ツールが登場してきたことで、完全とは言えませんが。対面とのギャップを

ある程度埋められるのではないかと思っています。

 

若いデジタル世代の方たちは、より抵抗感が少ないかもしれませんね。

 

当所でも、導入の準備をしています。

 

 次の記事へ >>
 
Top