コロナとこころの健康

カテゴリー/ その他 |投稿者/ GMC
2020年07月28日

コロナが再び猛威を振るい始めています

新聞報道によると、厚生労働省で「コロナうつ」に関連して

1万人規模の調査を行うとのことです。

 

全世界で心の不調をきたす人が増加傾向にあるようです

これまでの生活様式が変わり、環境が変化する事は、

誰にとっても多かれ少なかれストレスになります。

 

うつ病のキッカケは、生活環境の変化、あるいは何らかの喪失感、過労などです。

今まさに、仕事の環境が変化し、あるいは仕事を失う、安心感を失う、あるいは

慣れない環境で疲労がたまる。。。など、心の健康にとっては

あまり良くない状況になっています

 

人間はストレスフルな状況に置かれたとしても、

何かしら自分である程度は対処することが出来る、

コントロール出来るという状況であればストレスは低減します。

 

が、自分では何も出来ない・何をしても無駄・・・と言う状況に

追い込まれると、ストレスが高まる、あるいは無気力、そしてウツに

なりやすいのです

 

そうはいっても、哺乳類の頂点に君臨し、これまで幾多の環境変化に適応し、

しぶとく生き延びてきたのが人間です。

 

知恵や工夫、お互いの助け合い、支え合いでこれまでの試練を乗り越えて

いけるはずです。

 

自分ひとりで対処する、あるいは誰かに助けてもらう、

余裕があるものは誰かを助ける。これらの事を少しずつ実践することで、

この難局を乗り越えていけるはずだと思います。

 

ウツを予防するには、身体を動かす、よく睡眠をとる、

栄養のバランスに注意する・自分の好きなことをする時間を確保する・

瞑想して脳を休める・呼吸法をマスターする・誰かと話をする・

会話をする・一緒に楽しむなど、色々な方法があります。

 

今はまだ大丈夫、自分には関係ないなどと思わず、少しずつ実践していく事をお勧めします。

 

今日はスポーツの日

カテゴリー/ 心の健康づくり |投稿者/ GMC
2020年07月24日

今日はスポーツの日です。

 

東京オリンピックは残念でしたが、来年にはコロナも落ち着いていて、

問題なく開催されれば良いのになと思っております。

 

スポーツ、皆さんは何かやられてますか?

 

身体と心は密接に結びついていて、習慣的な運動習慣がある人は、

そうでない人に比べて精神的な健康度が高いという研究もあります。

 

任天堂スイッチのリングフィットアドベンチャーって、ご存じですか?

スイッチ自体がなかなか手に入らないようですが・・・敵を倒しながら、

色々なスポーツが楽しめるというゲームソフトです。

 

ゲームと言うと、座って手でリモコンピコピコ、運動要素ゼロのイメージがありますが、

このゲームは軽いランニング、ストレッチ、ヨガ、腹筋、スクワットのような

筋トレをしつつ、そのポイントで敵を倒していくというものです。

 

一つの動きだけでなく、様々な運動が出来るスグレモノです。オタク気質で

ゲーマーの妻が喜んでやっております

 

私はゲームよりも外の活動の方が好きなので、4月に思い切って以前からやってみたかった

ロードバイクを買いました!

 

梅雨時の晴れ間の時間に、近くの河川敷を2時間程度のサイクリングをしております。

サイクリングの効能?は、良い意味でオーバーワークが出来る事です。

 

というのは、帰らなくてはならないので・・・10キロ走って疲れたなと思っても、

更に帰るためには10キロ走らなくてはならないという・・

 

結構、家にようやくたどり着く頃はフラフラだったりしますが(笑)

 

ジムのサイクリングマシーンならば、いつでも止められるのですが、

実際の自転車はそういうわけにはいきません。

 

ということで、良い意味で?嫌でもオーバーワークになり、結果的に筋肉も

5歳ぐらい若返ったようなように思っています。どうしても、50過ぎると

何もしないとどんどん筋肉が落ちてしまいますからね

 

通勤で自転車を使う人も増えているようです。

皆さんも、スポーツの日をキッカケにして、何か運動にトライしてみては

いかがでしょうか?

 

少しぐらいの頭の中のモヤモヤ、ストレスも身体を動かすと

スッキリしますよ

 

オンライン化

カテゴリー/ カウンセリング |投稿者/ GMC
2020年07月04日

コロナの影響で、世の中がガラリと変わってしまいました。

この先、どのようになるのか予想がつきませんが、今までのような

世の中ではなくなるのは間違いない事と思います。

 

カウンセリングは対面が基本ですが、これからはオンラインカウンセリングも

徐々に広がっていくかもしれません。

 

これまでに、電話相談、メール相談などは私もやったことはありましたが、

正直、対面のカウンセリングよりもやりにくさ、難しさを感じていました。

 

一番の要因は、対面に比べて圧倒的に情報量が少ない事です。文字だけ、声だけでは

当然ながら伝わる情報がお互いに限られます。目に見えない、お互いの空間に生まれる

微妙な「気」のようなものも感じることが出来ないですし、場が作りにくい、

面接の流れが作りにくいのです。

 

その意味では、スカイプ・ZOOM・ラインのビデオ通話など、より対面に近い

ツールが登場してきたことで、完全とは言えませんが。対面とのギャップを

ある程度埋められるのではないかと思っています。

 

若いデジタル世代の方たちは、より抵抗感が少ないかもしれませんね。

 

当所でも、導入の準備をしています。

 

無料でカウンセリングが受けられます

カテゴリー/ カウンセリング |投稿者/ GMC
2020年03月24日

当所と提携しているEAPプロバイダーと契約している企業・団体等にお勤めの方は

当所のカウンセリングを無料で受けることが出来ます(年間5回程度)

 

会社としてEAPプロバイダーと契約している場合、あるいは健保、共済組合、

業界団体、協会などEAPプロバイダーと契約している場合もあります。

 

他にも企業が契約している民間の保険会社がサービスの一つとして、

メンタルヘルス相談を提供しているケースもあります

 

契約にもよりますが、本人の配偶者、家族なども同様に無料で受けられる場合もあります

 

いずれにせよ、これらのEAPサービスを利用する場合には、基本的に会社負担なので

本人負担はありません。全て無料です。

お勤めの会社にも、相談した内容はもちろんの事、相談したという事実も基本的には

伝えられることはありません。

 

実際にはこのようなサービスを知らない方もたくさんいらっしゃいますので、

それぞれのお勤めの会社にお問い合わせいただければと思います(当所では

確認することは出来ません)

 

ゲートキーパー研修

カテゴリー/ その他,研修・セミナー |投稿者/ GMC
2020年03月21日

3月は自殺予防月間です。

幸いにも自殺者の数は減少しており、2019年は統計を取り始めた1979年以降で

最低だったようですが、それでも年間2万人近い方が自ら命を絶っておりますし、

自殺率はG7で最も高くなっております。

 

保健所さんから依頼があり、企業に出向いてゲートキーパー研修というものを

今年度5回やらせていただきました。先日も、コロナの影響でセミナーや集会が

延期や中止になることが多い中、某企業様にて研修を行わせていただきました。

 

他の企業様でもそうでしたが、皆さん、とても熱心に聞いてくださる方が多く、

フィードバックやアンケートの内容も、ためになった、役立てたい、実践したいなど

とても前向きで好意的な内容が多く嬉しい限りです。

 

ゲートキーパーの役割は、専門家だけでなく、全ての方が期待され

誰にでも役割を持てる

 

「気づく」「声をかける」「話を聞く」「専門家につなぐ」

あなたの少しの行動が、周囲の大切な人たちを支え、守ります

 

 
Top